カテゴリ:薪ストーブ( 3 )
薪の確保
 7月以来、このブログもずいぶんと長くお休みしていました。書くネタはいろいろあれど、多忙故、更新が疎かになっていたこと、お詫びいたします。これからは気持ちを入れ替えてぼちぼち更新していこうと思いますので、暖かく見守っていただけるとうれしいです。
 というわけで、

 いよいよ冬本番。昨冬持ち越しの薪もそろそろ底を着きかけてきたので、年末押し迫っての薪の手配です。我が家の薪はいつも、近隣の道の駅にて購入。薪の保ちは1束でおおよそ5時間くらい。ウイークディで一日1束、週末に4束で週9束、今回購入した30束も1ヶ月で使い切ってしまいます。薪ストーブは2階に設置していて、1フロアのワンルーム、20畳の暖房を毎冬、薪ストーブのみでまかないます。薪は毎回電話で予約を入れて車で取りに行き、引き渡し価格は1束300円です。ストーブ設置当初に利用していたネット通販の場合、ナラ薪で1束500円、ここに輸送料がプラスされ、結局1束700円くらいになってしまっていたので、今の価格は格安だと言えます。樹種は広葉樹ミックスでなかには火力の弱いものも含まれていますが、木を切り出して薪を割り、2年ほど寝かせてからの結束作業、それらを想像するに、ほんとうにありがたいなと思っています。

a0242914_4395935.jpg




a0242914_4412678.jpg

買ってきた薪を夫婦ふたりで積み上げます。
これだけ積み上げても1ヶ月しか持たないのですから、
効率のいい暖房手段とは決して言えませんが、
薪ストーブ独特の暖かさには、得がたい何かがあるのは確かで、
それゆえ作業もさして苦になりません。




a0242914_442730.jpg

薪の確保とともに重要なのが、焚き付けに使う小枝の確保です。
近くにある「近つ飛鳥風土記の丘」に散歩がてらの小枝拾い。
風で地面に落ちた小枝を夫婦で30分ほどかけて拾います。
昔話でよく聞く「柴刈り」みたいなものですね。
このあたりも最近はイノシシが多く出るようで、
イノシシが木の根を食べるために掘った穴が
あちこちにぼこぼこと空いており、
なんだか「自然を共有」している気分が盛り上がります。




a0242914_4431012.jpg

30分かけてふたりで拾った小枝。
拾いながら長さを整えておくとあとが楽です。
これで1ヶ月分くらいです。




a0242914_4445115.jpg

薪はそれだけでは決して燃えてはくれません。
丸めた新聞紙と小枝をまずは燃やして、
20分ほどかけてていねいに焚き付けます。
写真左は一回で使う新聞と小枝です。




a0242914_4453142.jpg

ネパール製のアルミバケツに小枝を入れれば、
野趣あふれるディスプレイ。

by pechkana | 2012-12-31 04:49 | 薪ストーブ | Comments(0)
薪ストーブなぜ高い?
a0242914_18423592.jpg

 さほど田舎暮らしでもなかったのですが、子供の頃の我が家では、お風呂は薪で沸かしていました。よく祖父を手伝って廃材をくべた覚えがあります。1970年代に入ってそのお風呂もガス式に改造、スイッチひとつでお湯が沸かせるようになり、ずいぶん便利になったなと感じたものです。だから薪ストーブの導入を決めたとき、そんな自分の肌感覚から「めんどうな薪ストーブ」との暮らしを少しは覚悟したのです。
 ところがリフォームも完了し、知り合いと雑談の折、うちに薪ストーブがあることを話題に出すと、多くのひとは「リッチですね」とかさらには「ガウンを羽織ってブランデーですか」などと冗談めかして言います。自分が思っている以上に、薪ストーブに「ステータスシンボル」の印象を強く持たれているのには、正直戸惑いました。
 思い返せば、薪ストーブはお金持ちの道楽、と感じさせるできごとがリフォーム計画中にありました。
 それはネットで見つけた大阪の薪ストーブ業者に問い合わせをした時のことです。設置は2階、まっすぐ屋根を抜いての煙突計画であること、ストーブ用の床と壁の施工はすべてこちらで済ます、屋根の穴はこちらのリフォーム業者での作業、と伝え、ストーブと煙突設置のみの費用をなんとなくでいいので、と断って聞いてみると「100万ですかね」とあっさり即答されたのです。実はそのときすでに、お目当てのストーブと部材費用の計算も済ませていて、自分で設置するならこの三分の一くらいの費用でできるというのはわかっていたので、その慇懃な言葉の響きに、薪ストーブ販売業界の高級外車ディーラー然とした体質を察し「やっぱりめんどうだけど自力で設置しよう」と決意は固まったのでした。
 自力でのストーブ設置をにらんで、廉価なストーブや部材を販売しているお店を訪ねたりもしました。なにしろ今まで薪ストーブの現物すら見たことないのですから、手探りながらの調査開始です。そのお店では、海外の高級薪ストーブと国内メーカーの廉価なものとでは、どのくらい違いがあるのかを聞いてみました。「車にたとえると高級車と大衆車の違い。高価なものはそれなりに高級な部品も使われているし、排煙対策も充実している。だからといって大衆車がだめということはない。基本性能でみれば大衆車でも充分、といえばわかるでしょ」と答えは明快。
 ただ、お話しをうかがったお店のような業者さんは本当に少なく、ほとんどの薪ストーブ販売業者が「高級ディーラー」なのはたしか。きっちり施工や設置はしてくれて、有料でメンテナンスもお願いできるが、ただただ高価。エコだとかCO2削減だとかいいながら、大衆的立場で薪ストーブの施工と設置までしているお店はほとんどないのが現状なのだ。




a0242914_1846451.jpg

a0242914_18433184.jpg

業者さんのアドバイスを元に、自分で作った設計図。
いつも仕事で使っているグラフィックソフトで作成。
最終、業者さんにチェックしていただき部材を発注したのでした。
煙突部材は国産の普及タイプをチョイス。
意外に思われるかもしれませんが、煙突部材のほうがストーブ本体より高額になります。
壁や床に関しては、けっこう勉強しました。といってもネットでですが。
薪ストーブ設置に関して一番注意して対処が必要なのが「低温発火」という現象。
摂氏150度まで程度の温度でも、見えない壁内の木材が徐々に炭化して
あるとき一気に燃え上がる、という怖い現象です。だから
ストーブの背付近内と床内には木材は使用していません。




a0242914_1844117.jpg

ストーブ本体は国産の鋼板製。
鋳物のものにくらべ、冷めるのは速いのですが、杉などの針葉樹も燃やせます。
欧米のものや国内メーカーがあつかう中国製ストーブの主流は鋳物製で、
冷めにくいのが利点ですが、燃やすと急速に高温になる性質の針葉樹系を燃すことは
ストーブ本体が割れてしまう恐れがあり、基本できません。
だから廃材を薪として利用するなら、鋼板製で、ということになります。





amick アーミック ストーブ設置時にはたいへんお世話になりました。廉価な薪ストーブや部材を販売している数少ないお店のひとつ。オリジナル鋼板ストーブもある。購入前提であれば相談にも応じもらえるところが自力設置派ユーザーには心強い。滋賀県彦根に実店舗がある。


岡部工業所 鋼板製ストーブを製造販売。うちのストーブはここのオリジナル「ソロー 縦長タイプ」。原料高騰にもかかわらず、良心価格で薪ストーブを供給してくださっています。購入時にはわからないことを親切にいろいろ教えていただきました。


ホンマ製作所 新潟にある国内最大手の薪ストーブメーカー。庶民派の薪ストーブ事情を知るならまずここから。ホームセンターで売られている煙突部材はたいていがここの製品。安価な中国製ストーブも扱う。最近ではペレットストーブというのも登場。

by pechkana | 2012-01-19 19:09 | 薪ストーブ | Comments(4)
すべてはここから始まった
a0242914_23112627.jpg

a0242914_23114677.jpg

 リフォーム計画中のある日。なにかいいネタはないかなと、書店の生活関連コーナーで新刊のムックを物色していた時のこと、ふと目に留まったページがあった。「QUICO(キコ)のスタイル」という東京、表参道近くにあるインテリアを中心にしたセレクトショップのオーナーが発刊したムックのなかの一ページで、モデルの山川未央ちゃんが腰エプロンと頭にバンダナ巻きのスタイルで、薪ストーブ横にたたずんでいるその写真は、焼き物で有名な栃木県益子にあるSTARNET(スターネット)で撮影されたものだった。
 それまで、エコな暮らし向きに特段シンパシーを感じたこともなかったし、あこがれもしなかった私が、なぜその薪ストーブの写真に心を奪われたのかはよくわからないけれど、とにかく「いいんじゃない」と思ったのと、決め手に欠けていたリフォーム計画が、これで軌道に乗る予感も充分に感じたのだった。かくしてその日から、私の薪ストーブ計画が始まったのでした。




QUICO お洋服からインテリア、食器まで、生活全般を視野に入れたセレクトショップです。モダン、エスニック、ミッドセンチュリーと、いろんな時代のいろんな流行を経験されてきたであろうオーナーならではの、ボーダレスながらも一本筋の通った素敵なセレクションが見ものです。ここを訪れて「うちは何風でいこうか」などと枠にはめるようなちっちゃな考えは吹き飛んでしまいましたし、勇気もいただきました。

by pechkana | 2012-01-15 23:13 | 薪ストーブ | Comments(0)