<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
謝謝台湾
 あの震災から2年が経ちました。あのとき破格の支援をいただいた台湾の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。わたしたちはあなた方の真心を忘れることはありません。ありがとう、台湾。

 ご存じのように台湾と日本は国交を結んでいません。だから、もしももしも、今後台湾に何かが起こったとき、私たちは国まかせにしてはいけないのです。民間でしていただいたことは、民間でお返しする、そのことは肝に銘じておく必要があると思います。

 というわけで、今回は台湾「小ネタ」集です。数回に分けてお送りしたいと思います。どれも数年前のネタで恐縮ですが、しばしの小散策をお楽しみくださいませ。
 大世界遺産的な明らかに大きな観光的目玉はないけれど、街中には興味深い「小ネタ」がいっぱいの台湾。近頃は格安航空会社の航路もできて、思い立ったときに気軽に旅立てる隣国となりました。台北近郊だけでも興味深く巡ろうと思えば、何日あっても足りません。ああ、また行きたい、台湾。





a0242914_19391773.jpg

なんだか少し懐かしい

昭和20年の終戦まで、50年続いた日本統治時代。明治以来日本本土とともに近代化の道をともに歩んできた台湾では、今でもあちこちに日本風情を垣間見ることができます。高度成長期とともにわたしたち日本人が失ってしまった、人や物に宿る「何か」が、もしやここにはまだ残っているのでは、と感じられる瞬間が時々巡ってきます。(台北・永康街にて)





a0242914_19395955.jpg


スクールゾーン台北バージョン

これをきっかけに、日本版のマークを今更ながら見直してみてびっくり。男の子は「トトロ」のカンタみたく丸刈りで女の子はワカメちゃんカットにちょうちんブルマー姿なのでした。





a0242914_19403184.jpg

文化住宅?

昭和の頃にいっぱい建てられたいわゆる「文化住宅」風情が残る町並み。小籠包で有名な「鼎泰豐」本店のある台北・永康街周辺は大阪の中崎町によく似たところです。





a0242914_1941619.jpg

なじみの自動改札機

饒河街観光夜市の最寄り駅、台鉄松山駅の自動改札機はちょっと古めの日本製。





a0242914_19414172.jpg

けっこう大胆です

場所はどこだか忘れましたがパブのようなところの入口に張り出してあった写真たち。来店したなごやかムードの人々を撮影したものは日本でもよく見かけますが、キスばっかりというのは珍しいですね。





a0242914_19421818.jpg

なっちゃんのフルネームは奈々子だったのですねっ!

ちなみにこれは偽物の類ではなく、れっきとした正規品です。





a0242914_19424473.jpg

a0242914_1943359.jpg

日本人向けというわけではありません

街中の看板など日本語表記が多く見受けられる台湾。とりわけ「の」はよく使われます。短い滞在期間中でも「とうさん」「おばさん」「運ちゃん」など現地語化した日本語をしばしば耳にしました。日本の化粧品のテレビCMが日本語ままで流れていることもよくあります。





a0242914_19442551.jpg

白頭翁=破れまんじゅう

台湾ではあんパンやどら焼きなどあんこ物は充実していて「北海道産小豆使用〜」などと書かれていたりします。





a0242914_1945248.jpg

関東麺って

日本風の乾麺は関東麺というらしい、というか、この五木というメーカーは熊本のメーカーなので、台湾ではごくごくポピュラーな食べ物、関東煮(かんとだき)に引っかけて売り出しただけなのかもしれない。関東煮は関西でのおでんの呼び名ですが、台湾でもそう呼ぶようです(これについてはつづきでまた)。





a0242914_1945316.jpg

トラディショナルなスウィーツ

賑やかなエリアでよく見られる伝統スウィーツがこれ。あんこやお豆さんの甘煮、ジャムに白玉団子に芋餅、そしてタピオカ類、バイキング形式で盛りつけて、最後にかき氷をジャカジャカと乗っけてもらってできあがり。味のバリエは貧弱なれど、けっこう美味しいです。冬季には最後におぜんざいのパターンもあって、これも美味しいです。ちなみにおぜんざいは日本と同じ味です。



a0242914_19461085.jpg

これがおぜんざいバージョン。熱々をかけてくださいます。でもずいぶん食べててよく見えませんね。





a0242914_19464299.jpg

台湾では焼きではなく汁がメジャー

細〜い麺の汁ビーフン。浮かんでいるのは魚丸(白身魚のすり身の天ぷら)。だしは濃厚なかつおだし。トッピングに香菜(パクチー)を勧められてのせてみる。パクチーは苦手なのですが、台湾のものはかなり刺激が少なく、ちょうど日本の三つ葉に近い味わいにびっくり。かつおだしに三つ葉で和食みたいです。使い捨てレンゲにB級グルメ感が漂います。一杯200円くらい(日本円換算)。美味しいし安いし、大満足です。





a0242914_19471786.jpg

モチモチ刀削麺

刀削麺とは刃物で麺の塊を削りながら熱湯に投入するあれです。漢字表記のメニューから当てずっぽうに注文して出てきたのがこれ。トマトと知っていたらたぶん頼まなかったであろうメニューですが、これはかなりイケました。(台北・永康街にて)





a0242914_19482388.jpg

日本は平和です

ホテル近くの雑居ビル入口あたりで見つけた張り紙にぎょっとなる。ここでは天変地異と同列のところに戦争というものがあるのですね。平和ぼけの日本では、日常このくらいの緊張感はむしろあった方がいいように思います。



(つづく)
by pechkana | 2013-03-12 19:59 | | Comments(0)