<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
謝謝台湾 その3
レトロを愛する台湾

 台湾では日本統治時代から今に残る建物がたくさん残っています。ただ残っていたというより、大事に残されてきたのです。新幹線の開通に伴い工事の続く台鉄、高雄駅の旧駅舎は取り壊されることなく、コマを付けて1ブロックほど慎重に移動、最終的には新駅舎の一部に組み込まれる計画で、展示館として解放されつつその時を待っている。台北に古くから残る煉瓦作りの酒造工場は、崋山1914文化創意産業園区として、雑貨などのお店やイベントスペースとして、若者文化の発信地としてお洒落に再生されています。台湾で人気の日本の観光地、北海道のたとえば小樽の煉瓦倉庫や函館、はたまたサッポロファクトリーあたりの事例を参考に、独自の観光地の創造に力を入れている、ということなのでしょうが、それにしても丁寧なお仕事で、そこには古き物への愛を十二分に感じます。また、特に観光地化されていない街中を散策しても、ときどき懐かしい情景に巡り会えるのも台湾の魅力のひとつで、小ネタの楽しみは尽きることがありません。




a0242914_1842860.jpg

 発売されたばかりの「steady 特別編集 大好き台湾」というムックの表紙、買ったお菓子を頬張る菊池亜希子ちゃんとともにフレームに収まっているのがこのお店。上の写真は数年前のもので、変わらず営業中ということで、ちょっとうれしくなりました。台北、迪化街にて。
 ちなみにこのムック、台湾の観光、文化、グルメが非常にバランスよく紹介されていて、女子にはとにかくおすすめの一冊だと思います。




a0242914_18423986.jpg

 饒河街観光夜市の鳥占い。文鳥が運んできた短冊で占う、的なものでしょうね、きっと。この夜市は規模もほどよく、人気の「胡椒餅」も食べられちゃうのでおすすめです。台鉄、松山駅からもすぐなので、電車でアクセスチャレンジもよしです。




a0242914_1843849.jpg

 こんな年季の入った木造のお店も、けっこう残っていたりします。いい感じです。台北、迪化街にて。




a0242914_18433984.jpg

 台北郊外の人気観光地、九份のちょっと先、金瓜石は金山で栄えたところ。そこに旧神社跡を発見。残念ながら建物は戦後すぐに国民党により取り壊されたとのことです。博物館とともに今は旧日本人宿舎やトロッコの線路、坑道などが解放されていて、岩があちこちにゴツゴツと顔をのぞかせた風景もちょっと面白く、軽くトレッキング的コースとしても人気です。1990年代に日本でブレイクしたホウ・シャオシェン監督の映画「非情城市」や「童年往事 時の流れ」のロケ地としても有名です。




a0242914_18444579.jpg

 台北、西門にある西門紅楼。かつては劇場でしたが、今は若手デザイナーの工房ショップやイベントスペースになっていて、オープンカフェも併設されています。




a0242914_18451148.jpg

 街の落花生売りがなんとなく懐かしい感じ。とはいえ日本で落花生売りを見たことは無いのですが。




a0242914_18454046.jpg

 台北、迪化街のキャンディー屋さん。袋一杯につめていくら、的売り方です。他にもこのエリアには、ドライフルーツの量り売り屋さん(ブルーベリーやイチジクなど各種250グラムから販売)などもあって旧正月前には大変賑わうそうです。




a0242914_18461626.jpg

 何の変哲も無い街中の一コマですが。台北郊外、鴬歌にて。




a0242914_18472951.jpg

 台北から陶器の街、鴬歌に向かう途中の駅。駅員さんがホーム脇の植物を育てているのかな。




a0242914_18475648.jpg

a0242914_1848871.jpg

 最近人気の散策エリア、台北、永康街。この街には名だたる小籠包の名店「鼎泰豐(ディンタイフォン)」本店以外にさしてメジャーな観光地があるわけではないのだけれど、人気のお茶屋さんや胡椒餅の本店(屋台)やら、レトロ雑貨を扱う昭和町市場など、私的には必須散策コースで、少し外れた所に、この旧日本人官舎跡なるものがあります。観光地ではないので、昼間に訪れてもひっそりとしていて、何軒かには人の住んでいる様子もあります。狭い通り一本分だけのほんの数軒分ですが、ここだけ文化財のように町並みが保存されているのが不思議です。そのうちに何かに生まれ変わるのかもしれません。

by pechkana | 2013-06-18 18:52 | | Comments(0)
謝謝台湾 その2
前回からずいぶん間が空いてしまいましたが
台湾のこともう少し続けたいと思います。



台湾で再発見! 関東煮考


a0242914_1612488.jpg


 関東煮(かんとだき)とは、関西で言うところの、おでんです。そんな関東煮の歴史を、今までに持ち得た情報を元に、まずは私なりに推理してみました。

 大正12年、関東大震災のおり、関西からの救援の炊き出しで出されて好評を得た大鍋料理が関東煮のルーツと言われている。大阪ミナミのおでん屋「たこ梅」の人気メニュー「広東煮(かんとだき)」にあやかり、おそらく新聞記者あたりが、当時の大阪において少々聞き馴染みの薄かった「関東」という言葉に引っかけて、「広東煮ならぬ関東煮」と命名(ちなみに関西人は関東を「かんと」と省略呼びはしません)。じきに「関東煮」は仕込みの手軽さから、大阪を中心に居酒屋メニューとしてブレイク、その後定着し全国に普及。東京においては江戸時代以来のテイクアウトメニューだったおでんと融合し、関西の薄味を意識した東京の料理人により「汁まで飲み干せるおでんを」との掛け声のもと生まれたのが今あるおでんの姿で、以後100年経って、コンビニを中心にこの「薄味」おでんは着実に勢力を伸ばし、ついに関東煮を駆逐して全国を制覇したのだった。

 今大阪で若い子たちに「関東煮」といっても「なにそれ」と返されることがしばしばです。ウィキペディアでおでんの項を紐解けば「関東煮の名称は昭和40年頃まで使われた」とある。おいおい、わが家では今でも関東煮って呼んでるし、おでんってのはそう、赤塚不二夫作「おそ松くん」に出てくる、チビ太がいつも持っている、謎のあれ、でしょう、と一関西人は少々熱くなる。思えば、関西の老舗蒲鉾メーカーが「かねてつのおでん種」などと売り名を連呼したあたりから「関東煮」呼び名の衰退は始まっていたのだ。

 そんな「関東煮」の文字を台北の夜市で発見したのは台湾に初めて訪れたおりのこと。一関西人としてなんだかちょっとうれしくなりました。当の関西では風前のともしびの関東煮呼び名がここでは今だ息づいていたのです。字こそ繁字体ではあるけれども、これはまさしく関東煮。




a0242914_1614187.jpg

 その後、台北のいろんなところで関東煮の看板を目にしました。見たことも無いような黒い汁のものもあるにはありますが、おおむね日本の「薄味」おでんの体裁です。大きなコンビニ店舗へ行けば、日本では見られないほどの大スペースをとった、関東煮バイキングコーナーがあったりもします。このおでん、他にも呼び名はあるようですが、親日の台湾では「日式」「北海道」など日本ブランドが頻繁に商売に使われることから、おそらく関東煮もそのひとつではないかと思われます。一度 youtube にて「台湾 関東煮」で検索してみてください、日本で撮影されたあったかドラマ仕立のセブンイレブンの関東煮CMを覧ることが出来ます。ちなみにこの写真は駅ナカのコンビニ。関東煮、かなりメジャーです。




a0242914_162550.jpg

 夜市の屋台にて、関東煮発見。幾分練り物の割合が高そうですが、ロールキャベツもありますね。この黒いのは何でしょうか。注文票をもらい、食欲をそそる風な字面のメニューに数を書き込み注文してみる。




a0242914_1622687.jpg

 出てきたのがこれ。なんだ練り物ばっか。失敗です。カラシは無くオイスターソースのようなものが入った小皿を渡される。かなり薄味です。




a0242914_1624890.jpg


 ところ変わって花見の時期、大阪西区にて。とりあえず関東煮の名は今も健在です。
 私的にですが、関東煮とおでん、実は全くの別物なのではないかと思うことがあります。そしてまた昔懐かしい関東煮はとうに姿を消しているのではないかとも感じることがあります。
 こどもの頃、母が作る関東煮は、大量の牛スジでダシを取るコッテリ料理の代表格でした。食欲の無いときには台所から漂ってくる濃厚な関東煮の匂いにしばしばゲンナリしたものです。同じ頃、外の世界で見知った関東煮のイメージも、家のそれとさほど変わらなかったと記憶しています。屋台、子供会にて、学校のバザーなどなど。呼び方もふつうに「かんとうだき」でした。「かんとだき」と言うひとに出会い薄味の関東煮を初めて食べたのは、1980年代、大阪ミナミにて社会人になってからです。ネットの情報は各所で修正が加えられたりウラを取ったりで、どんどん純化していきますが、文化は往々にして、こんな具合にあいまいなものなのではないかと思います。




a0242914_1631526.jpg

 こちらも大阪西区。うどんチェーン店「つるまる」にて。こだわりのネーミングです。汁の色は濃いめで、味は甘めです。

by pechkana | 2013-06-18 16:07 | | Comments(0)