<< 我が家の直島弁 薪ストーブなぜ高い? >>
しろみさまは早起き
a0242914_20555244.jpg


 お年寄りというのは、とかく毎日の日課をしっかりと持ち、がっちりとマイルールというものを設定しがちですが、猫の場合もそれは例外ではないように思えます。
 しろみの一日は日々の変化に乏しく、ごはんの時間や回数、就寝時間にトイレの回数や時間などなど、たいていマイルールにのっとった毎日の繰り返しです。
 たとえば、朝は早朝6時頃に起き出し、まずは朝食。適度なウォーキングののちにトイレ、再度就寝し9時前には二度目の朝食、そのあとまた就寝……という感じ。
 しっかり自立した老猫のように思えますが、しろみはベッドの上がり降りができません。すべては彼女の要望に沿って飼い主が動かなくてはならず、しかも飼い主の毎日は日々の変化に富み、対応を怠ることもしばしばです。
 そんなときにはお怒り顔のしろみさまに叱られてしまうわけで、お願いモードでないところが猫らしいといえば猫らしいのかもしれません。





a0242914_20562259.jpg

ごはんが無いときは、わざとらしく中腰ポーズのまま、凍ったように待ちます。
無駄な動きを加えず、強固な意思をアピールします。





a0242914_20565976.jpg

夜の就寝はお二階のベッドで。
肌触りのいい麻のシーツがお気に入りです。
飼い主夫婦の間で寝ます。
ご主人の寝返り対策として、なるべくご主人のほうを向いて、
とっさに足でガードできるように、気を配ります。
枕と枕の間はシェルターとして有効に利用します。
朝寝時は貴重なコミュニケーションタイムなので
そこではしっかり点数を稼ぎます。





a0242914_20573527.jpg

ときには朝寝が過ぎるご主人を、奥さまに変わって起こすこともあります。
そもそもしろみは奥さまの実家猫なので、同郷のよしみで協力です。





a0242914_20583342.jpg

顔面に手を置くのは少々気が引けるものの
有効な戦法です。





a0242914_2059994.jpg

それでも起きなければ、体温高めな猫の特長を生かしておなか押しつけの蒸し攻撃です。
たいていはこれで落ちます。

by pechkana | 2012-01-25 21:02 | 老猫しろみ | Comments(2)
Commented by bigmamp77 at 2012-01-27 10:26
しろみさま可愛い!お家も色とかめっちゃ可愛いですね!
ささやかな仕草で、しろみさまの 言いたい事が解るって
ご主人様の 愛情を感じます。
押しつけ蒸し攻撃は すごい技ですね☆
Commented by pechkana at 2012-01-28 23:48 x
bigmamp77さま
ありがとうございます。
しろみとは長いのでいろいろと(笑。
猫はいままで何匹か飼いましたが
10歳を超えたあたりから、なんだか人間臭くなってきて
味わいが出てくるように思えます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 我が家の直島弁 薪ストーブなぜ高い? >>