<< 謝謝台湾 介添え付き車椅子で行くバリ旅行... >>
バリからやってきた雑貨たち
a0242914_21544882.jpg

「スカール・クニン」の牛革サンダル

ウブド中心部、ラヤ・ウブド通りに面したセレクトショップ「スカール・クニン」で見つけたサンダルたち。バリでは定番のフラワーモチーフをあしらったサンダルだけど、こんなナチュラルでシンプルなものはなかなかお目にかかりません。ひとつひとつ手作りされているフラワーモチーフは、よく見ると左右で少し形が違っていたり、接着が不充分で花びらの一部が取れそうだったりと、手作りにありがちな短所に充ち満ちていますが、それを気遣ってでも大切に使ってあげたい一品です。







a0242914_21552951.jpg

どこでも買えて安さが魅力の超定番

いわゆるバリ腹に罹ってしまった母のためにコンビニで買い求めた現地の下痢薬。お値段は2回分4カプセルで約15円(円換算)。日本との経済格差を考慮してもお安いのではないかと思います。見た目毒々しいカプセルの色がなんともケミカルな印象ですが、実は天然成分100%だとのこと。インドネシアに昔から伝わる煎じ薬ジャムー(ジュリア・ロバーツの映画「食べて、祈って、恋をして」の劇中、ワヤンの煎じ薬として登場していました)の考え方で作られているのだそうです。飲み始めには「あまり効かない」と言い放った母ですが、そのうち「また買ってきて!」と言い出したことから察するに、じわっと体の中から改善するタイプのお薬ではないかと思われます。






a0242914_2156357.jpg

「バリ猫」最新モード

ウブドはデヴィ・シタ通りの両側に2店舗を構える「ウブド・ケラミック&ウッドクラフツ」というところに「ヨガ猫」なるものが売られているらしい、とのネット情報をもとに同店を訪ねてみると、ありました「ヨガ猫」がいっぱい。そんななかで目についたのがナチュラルな彩色のこの子たち。赤縞柄と黒縞柄の2タイプあるうちから、迷わずこちらを選択。ハンドメイドなのでひとつひとつ微妙に表情などが違います。底面には作家さんのサインと完成日がいれられていて、この子たちは2012年11月末の作。バリ雑貨ではおなじみの「バリ猫」も年々進化していて目が離せません。






a0242914_21564012.jpg

もしかして、いい感じかも

「センセイシャ」はニューヨークのアメリカ人プロデュースのもとバリで製造されている、石けんを中心とした100%ナチュラルが信条のコスメブランドで、このリップクリームもやはりナチュラル100%なのだそう。試しに塗ってみると「ややっ」と匂い立つチョウジの香り。これは失敗かも?と思いきや、これがなかなかよく効きます。塗ってしばらく経ってチョウジの匂いも感じなくなりクリームがすっかり乾いてから、こいつは本領を発揮します。冬にはいつも悩まされてきたガサガサの唇もつるんとリペア。効果も長持ち。蘇る忘れかけていたあの薄皮一枚の感覚をかみしめる今日この頃です。






a0242914_21572461.jpg

塩コショウを効かせて

ホテルの朝食で出されていた塩とコショウがとても気に入ったので、旅行最終日にウブドにある「ビンタン・スーパーマーケット」を訪れた際に似たようなのを見つけて購入。ホテルのものと同じかどうかは定かではないけれど、どちらもとってもいい感じ。塩のほうは最初、お塩のコーナーを物色してみるも粗塩タイプが見当たらず、お土産物のワゴンの中でやっと見つけたものだったけれど、フランス産ゲランドの塩ばりのコクとまろやかさにびっくり。もっと買ってくればよかった。






a0242914_2158044.jpg

「ジャポニカ」ではなく「ジャバニカ」

調べてみるとバリ島で獲れる白米は、インディカ米ではなく「ジャバニカ米」というのだそう。「ジャバ」はジャワ島のジャバ。たしかに、タイ米に代表されるインディカ米みたいな超細長〜い感じともちょっと違う。炊きあがりは日本のお米のように透き通ってはいなくて白っぽく粘りも若干少なめだけど、インディカ米ほど違和感もなく、おいしく食べられる。「ジャバニカ米」はインドネシアの他にはスペインやイタリアでも産出されているお米なので、リゾットやパエリヤをこれで作るとたぶんおいしいに違いない。




a0242914_21582851.jpg

宿泊していた「チェディクラブ」にて
帰りがけにもらったバリのお米。
日本語で書かれた
ナシゴレンのレシピが添えられていましたが、
水の量などの炊き加減も知りたかったところです。






a0242914_21585349.jpg

蝶々印のバリ産コーヒー

バリ島北部のキンタマーニ高原で栽培されたバリ島産コーヒーです。バリでは「コピ・バリ」というロブスタ種の豆(インスタントコーヒーに使う安価な豆)を使ったご当地コーヒーが有名ですが、こちらはアラビカ種の日本で一般的に売られているのと同様なタイプで、豆とパウダーが売られていました。スーパーで買うなら蝶々(クプクプ)印のものが間違いない、というネット情報をまんま鵜呑みにしての購入でしたが、とりあえずはアタリでした。なぜ、とりあえずなのかと言うと、この「BALI KINTAMANI」以外に買った他のこれより上級の豆はどれも期待外れだったから(真空パックじゃないのも難点)。とはいえ、この赤ラベルは私たち的には大ヒット。にがみ無く、酸味無く、超まろやかなれどコクはしっかり、という感じでコーヒーが苦手な人でも抵抗なく飲めそうな、ミルクたっぷりのオーレにもとっても合いそうな、そんなコーヒーでした。






a0242914_21592016.jpg

日本人の感性にぴったり

ウブドはモンキーフォレスト通り、モンキーフォレスト近くの「イカットバティック」は店名にあるとおり、イカットとバティックを扱うお店です。特にバティックは日本の藍染めを思わせる、日本に持って帰ってきたときにも違和感無く(これ大切)いかにも日々活躍しそうな色柄の多さが特長です。ガイドブックに載っているのを今まで見たことはありませんが、NHK BSプレミアムの「恋する雑貨」バリ更紗特集で知りました。シルク製などはバリでは手頃に購入できるのでおすすめですね。ストールなら、2,000円台くらいから、シルク製のやや大判なものでも5,000円くらい(日本円換算)です。支払時、値札が付いていたので値切らなかったのですが、むこうから5%ディスカウントしてくれました。




a0242914_21595625.jpg

お願いすれば一点ずつ
不織布のミニバッグに
入れてくれます。
通りに面しているものの
やや奥まったところにある
目立たないお店なので
お客さんが少なく
ゆっくり見られるのはよいのですが
もっともっと
有名になってもらいたいお店です。






a0242914_2202144.jpg

おいしいコーヒーのおまじない

映画「かもめ食堂」の劇中、ヘルシンキのおやじが言っていた「コピ・ルアック」という言葉がインドネシア語だとは知らなかった。で、これが「コピ・ルアック」。コーヒー豆を食べたジャコウネコ(インドネシア語でルアック)の未消化の排泄物を加工して売られている「幻のコーヒー」らしいのですが、スーパーでも、免税店でも、空港の土産物屋でも、どこででも売られています。コーヒー実の房にかじりついているルアックの写真、ルアックの正面顔を切り抜いたものなどなど、様々なパッケージにてルアックを目にすることができます。バリから戻って来るころにはジャコウネコがとても身近な存在になっていること請け合いです。ちなみにお味の方はといえば、酸味と苦みバランスのとれた、昔ながらの喫煙OKな喫茶店のコーヒーみたいです。

by pechkana | 2013-02-12 22:05 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 謝謝台湾 介添え付き車椅子で行くバリ旅行... >>